著者紹介


瀬端隼也、1982年生まれ
国際基督教大学(数学専攻)卒業

友人と某教授のご厚意、塾講師の先生のご支援により日本応用数理学会2000年度年会にて「自然数とnCrを繋ぐ公式」を発表
(参考記事「パスカルの三角形の和公式、組合せと格子点」、本サイトの「集合による二項定理と多項定理の証明とパスカルの三角形:5-5.自然数と格子点の興味深い関係」にも簡単な要約・解説)

特許「収斂型データベース構築システム及び構築方法(P5114646)」を取得し、自動分類型検索エンジン「キーワードフォルダー」を開発

主に組合せ論によって導かれたフェルマー・ワイルズの定理の簡単な条件(原文英語、オープンアクセス)」JP Journal of Algebra, Number Theory and Applicationsに掲載

その他、詳しくは下記会社ホームページをご参照ください。

ツイッター: 高校数学マスターbot
高校数学マスターの記事と解説を毎日1~2件紹介するツイッターbotです。時折、目に付いた記事を読んで勉強することができます。ツイッターを利用されている方は、フォローしてみてください。
運営会社: 瀬端合同会社
代表社員: 瀬端隼也
住所: 東京都
ホームページ: http://www.linktracktool.com/